Kuni Tips


更新について

-
自分へのメモ代わりにTipsを書いてきましたが、最近はもっぱらevernoteに記録するようになってしまい、新しい記事を書くこともなく一年も放置してしまいました。
そんなページでも訪問してくださる方がいらしゃるので、このまま残すことにしました。放置気味になると予想されますが、勘弁ください。


スリープ状態にしない


1.[スタート] > [コントロールパネル] > [ハードウェアとサウンド] > [電源オプション] > [コンピューターがスリープ状態になる時間を変更]を開きます。

2.[コンピューターをスリープ状態にする]のプルダウンメニューから[なし]を選択します。

以上です。


RE:Flex Motion Morph  モーションモーフの使い方


RE:Flexのモーションモーフプラグインの使い方です。



mia_material の bump


mia_materialにbumpマップを貼り付けるには、

1、mia_material.bump(詳細設定の中にあります。) ← misss_set_normal.message

2、misss_set_normal.normal ← bump.outNormal ← Texture

になります。


Mayaのカメラでエラーが出た時の対処法


たまに、「キーフレーム数がMayaカメラに一致しません (5027 12)」というエラーがでることがあります。

このエラーが出たときは、Mayaから吐き出し直す必要があります。


Mayaで以下の対処法を試してみてください。

・カメラをベイクしているかチェックします。(ベイクしなくても読めることがあります。)

・キーを0フレームから始めます。

・15秒以上アニメーションを設定します。

・吐き出すときに「リファレンスの保持」のチェックを外します。

・レンダリング設定で吐き出すカメラを指定します。

・レンダリング設定で解像度を小さくします。

・カメラの「フイルムゲート」を「水平」にします。




Trapcode Particular のエミッターをヌルで制御する


1. Particularレイヤーとnullレイヤーを用意します。

2. Particularの「position XY」と「position Z」に以下のエクスプレッションを入力します。

--------------------------------------------------------------------
position XY には

temp = thisComp.layer("null").transform.position;
[temp[0], temp[1]]


position Z には

temp = thisComp.layer("null").transform.position;
temp[2]
---------------------------------------------------------------------

以上です。

ちなみにエクスプレッションのショートカットは

Shift + Alt + ^

です。



expression time について



time について

time;    1秒で1、2秒で2  または、 1秒で1度

-time;  1秒で-1、2秒で-2  または、 1秒で-1度

time*10;    1秒で10、2秒で20  または、 1秒で10度(1秒で一回転したいときは time*360;)



マイドキュメント、マイミュージックを別ドライブへ移動


1、システムドライブ(C)>ユーザー>ユーザー名フォルダに移動します。

2、移動させたいフォルダ(マイドキュメント)を右クリックします。

3、プロパティを選択します。

4、場所タブの移動をクリックします。

5、移動させたい場所を選んで「OK」をクリックします。

6、すでに保存されているデータを移動させるか確認されるので「はい」をクリックします。

以上です。



パペットツールと親子関係を併用する方法


1.パペットレイヤーとnullレイヤーを用意します。

2.nullのアンカーポイントを[0,0]とします。

3.nullの位置に任意のパペットピンツールの位置をコピーします。

4.thisComp.layer("null").transform.position の後半を次のように書き換えます。

 thisComp.layer("null").toComp([0,0])

5.nullを他のレイヤーの子供にします。


以上でピンツールとnullの位置を同期させたまま、他のレイヤーと親子関係を持つことができます。これを応用するとIKのような使い方が出来ます。

この作業の後にコンポジションのサイズを変えると、Positionの数値とnullの位置がずれてしまうのでお勧めできません。


Robert Powers氏のチュートリアルビデオ


アピアランスの分割


アピアランスで作成したものをアウトライン化するときは、

1.アピアランスを作成したオブジェクトを選択します。

2.[オブジェクト] > [アピアランスの分割]を選択します。




| 1/9PAGES | >>