Kuni Tips


パペットツールと親子関係を併用する方法


1.パペットレイヤーとnullレイヤーを用意します。

2.nullのアンカーポイントを[0,0]とします。

3.nullの位置に任意のパペットピンツールの位置をコピーします。

4.thisComp.layer("null").transform.position の後半を次のように書き換えます。

 thisComp.layer("null").toComp([0,0])

5.nullを他のレイヤーの子供にします。


以上でピンツールとnullの位置を同期させたまま、他のレイヤーと親子関係を持つことができます。これを応用するとIKのような使い方が出来ます。

この作業の後にコンポジションのサイズを変えると、Positionの数値とnullの位置がずれてしまうのでお勧めできません。


Robert Powers氏のチュートリアルビデオ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック